だ液検査について

だ液検査では、お子さんにガムを噛んでもらい、吐き出した唾液でだ液の量や緩衝能(中和力)、ミュータンス菌(むし歯のきっかけを作る菌)、ラクトバチラス菌(むし歯を進行させる菌)などを調べ、検査結果を紙でお伝えします。

IMG_1832

だ液はお口の中に持っている食べカスを洗い流したり、歯の表面を膜で覆ったり、お口の中の菌(常在菌)を抑える働きがあります。だ液の分泌量は少なければむし歯になりやすく、緩衝能(中和力)が弱い人はむし歯になりやすく、むし歯菌が多い人はむし歯になりやすい傾向にあります。

検査結果をみて、それぞれのお子さんがむし歯になりやすい方なのか、なりにくい方なのかを把握し、むし歯の原因を知ることでむし歯になるリスクをより小さくすることができます。

広告