乳歯のむし歯は早期発見・治療・管理が重要

「子どもの歯はむし歯になっても大人になったら生え代わるから大丈夫!」そう考えているお父さんお母さんは注意が必要です。

子どものむし歯は進行が早く放っておくと痛みがでます。痛みをそのままにしておくと今度は歯の根の先までばい菌が進んでいき、ご飯を食べたときに痛みを感じたり、腫れてきたり、最悪の場合、新しく生えてくる大人の歯が変色したり、変なところから生えてきたりと悪い影響を与える恐れがあります。

したがって、「むし歯があると言われたけど、痛がってないから歯医者さんに行かなくてもまだ大丈夫」などと決して考えないでください。大人の歯を健康に育て無事生え代わりをさせて、大人の歯になってもむし歯なく過ごすための子どものむし歯治療、むし歯の予防に関して積極的に考えていきましょう。

小さいむし歯であれば、歯医者さんでむし歯が進んでいないか定期的に診てもらい、生え代わりまで(または治療に協力的になるまで)むし歯が進まないように維持させる「むし歯の管理」を行うこともあります。

広告