妊娠中のママのための歯科治療

1

◇ 麻酔・レントゲン・お薬について ◇

nagare-rentogen妊娠中に歯の治療を受けるときに多くの妊婦さんが心配されるのは、麻酔・レントゲン・薬の3つではないでしょうか。

まず麻酔についでですが、治療を受ける部位のみにとどまる部分麻酔なので麻酔薬が胎盤を通して赤ちゃんに届くことはありません。

またレントゲンは撮影時には防護エプロンを着用し、歯の部分にむけてのみ撮影しますので赤ちゃんへの影響はほとんどありません。

そして飲み薬に関しても、妊娠中でも安全に使用できる種類のものを処方しますので心配ありません。

 

◇ 妊娠中の歯科治療 ◇

基本的に、妊娠しているときでも、していないときと同じ内容の治療を受けることができます。しかし緊急性のないものに関しては、安定期になるまで待ってから処置をしたり、出産後まで延期することもあります。体調がおちついていることが多い安定期のうちにしっかり歯の治療を終わらせておきましょう。

 


◇ 歯科検診のすすめ ◇

妊娠するとお母さんの体の中では赤ちゃんのために劇的な変化がおこりますが、それはお口の中でも同じです。その結果、歯ぐきから出血しやすくなったり、できものができたりというお口のトラブルに結びつくこともあります。妊娠中だからこそ健診を受け、お口の中を健康な状態にしておくことがとても大切です。

 

◇ 歯周病と早産 ◇

periodontosis04歯周病の妊婦さんでは、早産や低体重出産のリスクが高くなるという研究結果が報告されています。お母さんのためにも、おなかの赤ちゃんのためにも、妊娠していない時にも増して丁寧なケアが必要です。

しかし歯周病は痛みを感じないまま進行していくことが多く、気づいたときには歯がぐらぐらしてきたということも少なくありません。安定期の体調のよい時に歯科健診を受ければ歯周病の早期発見ができます。

 

YOU_DSC_0834_TP_V-2

 

◇ お母さんとお子さんのための歯科ハンドブック ◇

IMGP8901ちだ歯科クリニックにご来院いただいた妊婦さんに、ハンドブックをプレゼントしています。妊娠中におこるお口の変化、妊娠中の歯科治療のこと、乳歯と永久歯、お子さんの歯のトラブルなどについて記載しています。

 

札幌市母子手帳と同じA5サイズ!

 

 

◇ 妊婦さんへの歯のセミナー ◇

妊娠中のお口の状態や歯科治療について、お子さんの歯についてなどの内容でセミナーを行っています。公共施設・保育所・学校・企業など、無料で講師を派遣し、講演いたします。ご希望がありましたらお気軽にお問合せ・お申込み下さい。

 

講演内容

・妊娠中に起こるお口の変化について、妊娠中の歯科治療について

・乳幼児の歯について、歯並びについて

 

講師_B7A8847 - コピー

ママさん歯科医師 鈴木晶子

 

 

講師経歴

北海道大学歯学部卒業

北海道大学病院 臨床研修指導医

医療法人社団千仁会 常勤歯科医師

 

講師より

5才・3才・1才の息子3人のママとして、歯科医師として両方の目線からお話しします。

 

お申込み先

ご連絡:011-774-6551 (医療法人社団千仁会 ちだ歯科クリニック)

担当:医療法人社団千仁会 広報部 髙橋

広告