20170412spr01

大人でもなかなか歯医者に行きたくない人が多いのに、子どもなら尚更行きたくないことでしょう。口の中を触られるのが嫌だ、じっと口をあけて黙っているのが嫌だ、注射されて痛いから嫌だ、先生に怒られるから怖い、と歯医者が嫌いな子どもたちが多いのが現状です。

medical_haisya_iyagaru

かといって歯医者に行かないままにしていると、むし歯になって歯が痛くなり、ご飯がおいしく食べられなくなってしまいます。そうなってから初めてお家の人は歯医者に連れていきます。

治療に協力できず暴れてしまう子どもはネットにぐるぐる巻きにされて押さえつけられながら治療を受けます。子どもの歯の治療を好まない先生は、無理やり押さえつけて怒鳴ることもあって、お子さんが歯科恐怖症になってしまうというケースも決して珍しくはありません。

「そんな辛い思いを子どもにして欲しくない!」

こう思う気持ちは私たちも同じです。お子さんに「歯医者は私たちの歯をむし歯から守ってくれる良いところなんだ!」と認識してもらい、歯医者に行って笑顔で帰っていただきたいと強く願っています。

まずはむし歯を作らないようにし、むし歯があったとしても優しくてお子さんと真剣に向き合ってくれる先生がいる歯医者に行くことが、お子さんにとっても生涯の大きなメリットになると考えています。

プレゼンテーション2

定期的に歯医者にきてお口の中をきれいにする

フッ素を塗りむし歯になりにくい歯をつくる

むし歯の早期発見・早期治療とシーラント(溝埋め)を行うcharacter_coating (1)

この3つを継続的に行う事でお子さんのお口の中のむし歯をゼロに、また大人になってからもむし歯が1本もない、そんな素晴らしい理想の大人に近づけることができます。

小児歯科医3

お子さん1人1人の成長に合わせた歯ブラシの仕方やおやつの食べ方、フッ素についてなど普段なかなか聞けないお悩みを専門の知識のある先生・衛生士に相談することができます。

また初めて治療をするお子さんは、恐怖心を持たないようにトレーニングしてできることを増やしてから実際の治療を行います。痛くてどうしようもない、やむを得ず直ちに治療をしなければならないお子さんに対しては来院した日から治療を開始することもありますが、できる限りお子さんが苦しく痛くないように、スムーズに治療を終えられるように心掛けています。

プレゼンテーション1

ちだ歯科クリニックではお子さんにとって「怖くない・楽しい歯医者」になるよう取り組んでいます。

「歯医者さんに行きたい!」

と、お子さんが歯医者を好きになるような取り組みを数多く行っています。魔法使いの先生がいてマジックが見られたり、頑張って歯ブラシが出来た子、むし歯の治療ができた子は宝物がもらえたり、かっこいい格好やかわいいドレスを着て写真撮影したり、月に一度親子で参加できる楽しいイベントが開催されたりと楽しい思い出になることがたくさん用意されています。

優しくお子さん達に寄り添います

怒鳴ったり脅したりすることはありません

できるだけ恐怖心を持たずに治療ができるようトレーニングを行います

できたことをしっかり褒めます

めいろやぬりえ、キッズルーム(遊び場)で楽しく遊ぶことができます

魔法使いの先生がいます

かわいいドレスやかっこいい衣装を着られます

お子さん対象の楽しいイベントを毎月開催しています

プレゼンテーション3

「ちだ歯科の周りにいる子どもたちのむし歯を0にする!」

それが私たちの目標です。

子どもたちが生涯自分の歯でおいしくご飯を食べられる素敵な人生、子どもたちの輝かしい未来を私たちは全力でサポートしていきます。

保育バナー
ちだ歯科クリニックでは、保護者の方の治療中にお子さんをお預かりする保育制度がございます。0歳児~6歳児の就学前のお子さんがいらっしゃる方は、事前にお約束して頂ければ、保育士の資格を持ったスタッフが大切にお子さんをお預かりいたします。お子さんが小さくてなかなか歯科医院に来られない保護者の皆さま、どうぞご利用下さい。ご利用の際は、診療のご予約をされる際に保育希望とお伝えください。

医療法人社団千仁会 ちだ歯科クリニック
〒002-0855 札幌市北区屯田5条10丁目8番1号
TEL 011-774-6551 / FAX 011-774-6552

診療ネット予約は【コチラ】から

⇛ ホームページ ⇛ フェイスブック

20170412spr02

広告